3-6-1. ジュニアNISAの仕組み

★ポイント★

①未成年者を対象とするジュニアNISAが創設され、平成28年1月1日からジュニア NISA用の口座である未成年者口座の開設申込みが始まり、同年4月1日から未成年者口座で投資することが可能になりました。

②未成年者口座は、0歳から19歳まで(その年の1月1日時点で20歳未満またはその年に出生した者)の居住者等が開設することができます。

③未成年者口座は、平成28年から平成35年までの間、開設できます。

④未成年者口座の投資利用限度額(非課税枠)は、一人年間80万円です。

⑤未成年者口座で投資した上場株式等の売却益に対する税金(税率20.315%)は 非課税となり、売却損はなかったものとされます。

⑥未成年者口座で投資した上場株式等の配当等に対する税金(税率20.315%)は、 5年間非課税になります。

⑦原則として18歳になる年までは、未成年者口座およびジュニアNISA用に開設さ れる課税未成年者口座から払出すことはできません。

⑧未成年者口座および課税未成年者口座は、一金融機関のみに開設することがで きます。

 

 

1.ジュニアNISAの概要

ジュニアNISAとは、NISAと同様の税制優遇措置で、未成年者を対象として、未成年者口座 における毎年80万円までの上場株式等への投資に対する売却益および配当等に対する税金 (税率20.315%)を非課税とする制度です。  

2.未成年者口座の開設

未成年者口座は、0歳から19歳まで(開設の年の1月1日において20歳未満またはその年 中に出生した者)の居住者等が開設できます。平成28年1月1日から未成年者口座の開設の 申込みが始まり、同年4月1日から未成年者口座で投資することが可能になりました。未成年 者口座は、平成28年から平成35年までの間に開設することができます。  

3.未成年者口座の内容

①投資利用限度額(非課税枠)  

未成年者口座では、一人年間80万円(委託手数料は含まれません)まで上場株式等 に投資することができます。年間投資額が80万円に満たなかった場合でも、未使用分 の翌年への繰越しはできません。また、年の途中で商品を売却した後、途中売却部分 の非課税枠を再利用して投資することはできません。

②非課税管理勘定  

未成年者口座で上場株式等に投資することができるのは平成28年から平成35年ま でとされており、非課税期間は最長5年間です(平成28年分は、4月1日から平成32年 12月31日までの4年9か月間)。非課税期間内の売却であれば、未成年者口座で投資 した上場株式等の売却益に対する税金はかかりません。また、未成年者口座で投資し た上場株式等の配当等に対する税金は、その上場株式等に投資した年の1月1日から5 年間(平成28年分は、4月1日から4年9か月間)、非課税となります。5年間の非課税期 間が経過したときに売却していない上場株式等は、80万円を上限として翌年の未成年 者口座の非課税枠を活用して保有継続が可能です。

③継続管理勘定  

平成36年以降は新たに未成年者口座を開設することはできませんが、未成年者口 座で投資していた上場株式等について、平成36年以降に5年間の非課税期間が終了し たときに売却していないものについては、平成36年から平成40年までの間、毎年80 万円を限度として未成年者口座に設定される継続管理勘定に移管することができます。 継続管理勘定では、その年の1月1日において20歳である年の前年12月31日まで非 課税で保有継続が可能です。

4.課税未成年者口座の内容

課税未成年者口座とは、未成年者口座と同時に開設される口座です。未成年者口座で投資 した上場株式等の配当等および売却代金については、18歳まで払出すことができないため、 課税未成年者口座に受入れることになります。課税未成年者口座内で上場株式等に投資する ことも可能ですが、投資した上場株式等の配当等や売却益には、税金がかかります。  

5.払出しの制限

未成年者口座および課税未成年者口座からの払出しについては、居住者等がその年の3月 31日において18歳である年の前年12月31日までは、原則としてできません。払出しを行う 場合は、未成年者口座において過去に非課税とされた配当等や売却益、払出し時の含み益に 対して課税され、未成年者口座は廃止されることになります。ただし、災害等のやむを得ない 場合に限り、非課税での払出しが可能です。  

6.20歳以降の取扱い

未成年者口座を開設している居住者等が20歳になった場合、非課税口座(成年者のNISA 口座)が自動的に開設されます。未成年者口座にて保有している上場株式等についても、120 万円を限度として非課税口座の非課税枠を活用して保有継続が可能です。