確定給付企業年金と確定拠出年金の違い

13 Jan 2017
362 times

 

  確定給付企業年金 確定拠出年金(401K) ※
特徴 「給付額」を先に決定する  「拠出額(掛金)」を先に決定する
運用の流れ

将来の給付額を確定

年金資産を一括して運用・管理

決まった額が加入者に支払われる

<企業が運用>

掛金を確定

加入者毎に資産を運用・管理

運用実績に応じた額が支払われる

<加入者が運用>

しくみ  将来の給付額をあらかじめ決めておき、 その給付額を賄うのに必要な掛金を、予定利率や平均余命などを用いた年金数理計算により算出して、拠出する制度です。
将来の給付額は、企業が保証しているため確定しています。
拠出額(掛金)をあらかじめ決めておき、将来の給付額は拠出額とその運用実績によって決まる制度です。
したがって、将来の給付額は運用実績によって変動します。(確定していません。)
運用 年金資産の運用は企業が一括して行います。(契約先の生命保険会社や信託銀行に委託)
 将来の給付額を企業が保証しているため、運用リスクは企業が負います。
 運用がうまくいかなかった場合は、企業が補填します。(積立不足・後発債務)
 年金資産の運用は、運営管理機関が提示した金融商品の中から、加入者自身が選択して行います。したがって、運用リスクは加入者が負います。(自己責任原則)
 運用がうまくいけば多額の給付を受けられる反面、うまくいかなかった場合は、給付額は少なくなります。
年金資産の把握 個人別の残高は把握できません。   個人別に年金口座を持ち、年金資産を管理するので、残高の把握が明確です。
離転職時の取扱  確定給付企業年金から転職先の確定拠出年金に資産(脱退一時金相当額)を移換することができます。   離転職時に年金資産の持ち運び(ポータビリティー)ができます。

米国に内国歳入法401条(k)項に基づく同様の制度があり、わが国はそれを参考にしたため「日本版401k」と呼ばれている

Last modified on %AM, %13 %104 %2017 %01:%Jan
Rate this item
(0 votes)
Super User

Curabitur ultrices commodo magna, ac semper risus molestie vestibulum. Aenean commodo nibh non dui adipiscing rhoncus.

Website: www.themewinter.com

Leave a comment

Make sure you enter all the required information, indicated by an asterisk (*). HTML code is not allowed.