Items filtered by date: Sunday, 11 December 2016
%AM, %11 %486 %2016 %10:%Dec

Zeebra

Zeebra(ジブラ、本名:横井 英之〈よこい ひでゆき〉、1971年4月2日 - )は、日本のヒップホップMC。DJ DIRTYKRATES名義でDJとしても活動。別称は、ZEEBRA Tha Ill Skill、鼻息荒いシマウマなど。

降谷建志) 2002年、キングギドラの楽曲「公開処刑」で、かつて「Grateful Days」で共演があったDragon Ashの降谷建志に向けて、声質・フロウ・ステージング・ライミングがZeebraのそれと酷似しているという事についてディス(批判)した。後に、Zeebraは自伝などで公開処刑を作るに至った経緯を語った。その中では、「公開処刑」発表以後のDragon Ashの活動を認める発言もしており、現時点では一段落している。

RAU DEF) 2011年5月19日、ラッパーのRAU DEFがZEEBRAをディスした曲「KILLIN EM!」を発表。翌日、ZEEBRAがアンサーソング「Die By The Beef」を発表した[3]。その2日後、これに対するアンサー「TRAP OR DIE」をRAU DEFが発表。4年後の2015年8月11日、Ustreamで公開されたGRAND MASTER SHOWでSKY-HIを通じZeebraとRAU DEFが公の場所で共演し握手を交わし、完全に和解していることを公表した[4]。

Published in HIP HOP
%AM, %11 %454 %2016 %09:%Dec

YouTube動画の最適なタグ数

タグの個数に関しては、
以前は何ら規制が無く、
何個でも付けた方が良いという状況でした。

もちろん、
動画に関連したキーワードなら、
という前提だったんですが、
当然の如くそれを悪用する輩が
Youtubeに現れます。

前回もお話ししましたが、
いわゆる「タグスパム」が
海外の悪質なYoutuberの間で
一時期流行したわけです。

動画の内容に関連してないタグを
複数設定することで、
YouTubeが意図していないような動画の関連動画にまで
自分の動画を表示させようとしていたわけですね。

例えばあなたが
福山雅治のPVを見ていたとします。

そんな時に横に
他の福山雅治の楽曲のPVが出ていたら
つい見ようと思うと思います。

ですが、そこに全然関係無い
料理番組の動画とかが出てきたら
どうでしょうか?

もちろん、
多少は見てくれる方もいるでしょうが、ほとんどの方は
次の動画を見ようとしないでしょう。

YouTubeは視聴者の方に出来るだけ多くの動画を見ていただき、
その代わりにちょっと広告も見てね、っていうビジネスモデルですから、
このタグスパムによって視聴者一人当たりの滞在時間が下がる
というのは大きな損害です。

つまり、YouTubeにとってはそういうスパマーは邪魔な存在なわけです。

そうなると当然そういう行為をしている人は排除されます。

こういった経緯もあり、
あまりに大量のタグを設定したり、
動画に全く関係のないタグを
動画に設定するアップロード者には
ペナルティを与える
ように
現在はなってきています。

ペナルティを受けると動画の収益化が出来なくなる可能性もありますので、
決してそういったことはしないようにしてください。

そして、関係があるタグだとしても、
あまりに大量のタグを設定することは
望ましくないと思われます。

基本的には10個程度まで、
多くても20個程度
で抑えておくのが
良いでしょう。

http://yunyu-hukugyou.com/archives/690

Published in YouTube