“入国停止”にアップルなどIT業界が反発

“入国停止”にアップルなどIT業界が反発
日本テレビ系(NNN) 1月29日 19時35分

 トランプ大統領が中東など7か国からの入国を一時停止したことについて、外国人や移民を多く採用しているアメリカのIT企業から反発が相次いでいる。

 ロイター通信などによるとアップルのクックCEOは、入国停止の措置について「我々が支持する政策ではない」と批判、「移民なくして今日のアップルは存在しない」とコメントした。

 またグーグルも「従業員が受ける影響を懸念している」とした上で、外国人従業員に対し再入国できない恐れがあるため、アメリカから出国しないよう指示した。

 さらに、フェイスブックのザッカーバーグCEOやマイクロソフトのスミス社長も懸念を表明している。

関連記事
【さらに詳しく】トランプ氏“暴走”で火花…「壁」実現は?
米IT企業反発「大統領令は間違っている」
アカデミー賞主催団体“入国停止”を批判
トランプ氏、IT企業トップら招き会談
米大統領令で入国停止...空港で拘束など混乱
最終更新: 1月30日 8時13分
日本テレビ系(NNN)

関連テーマ フォローとは?

Apple Inc.
23780USERS


iOS
16934USERS


iPhone
48933USERS

コメントページへ
(C) Nippon News Network(NNN)