EXID

26 Mar 2017
372 times

EXID(イーエックスアイディー、朝: 이엑스아이디)は、韓国の女性アイドルグループ。2012年デビュー。BANANA Cuture所属。グループ名は「EXCEED IN DREAMING (夢を越える)」から来ている。

2012年

新沙洞の虎のプロデュースによってデビュー。初期メンバーはハニ、ジョンファ、LE、ヘリョン、ダミ、ユジの6人であった。 LEはJiggyFellazのメンバーとして活動していた経歴を持ち、ハニ・ユジ・ジョンファはJYPエンターテイメントの、ダミ・ヘリョンはキューブエンターテイメントの練習生として所属していた。 2月16日、1stデジタルシングル『Holla』をリリース、それと共に「Whoz That Girl」のミュージックビデオを公開。同日のM!カウントダウンでデビューステージを飾った。しかし、4月30日にユジとダミが学業に専念するという理由で、ヘリョンは女優に転身という理由でグループを脱退した(この3人は2013年7月にダヘを加えた4人組のBESTieとして再デビュー)。 その後、バラードグループ2NBとして活動していたソルジとEXIDの候補生であったヘリンを加え、8月13日に1stミニアルバム『Hippity Hop』をリリース。10月2日には2ndデジタルシングル「매일밤 (Every Night)」をリリースした。しかし、韓国の音楽チャートを賑わせるほどの人気は出なかった。

2013年

2月8日、ドラマ「お金の化身」のOST「Up&Down」を歌った。 ハニとソルジによるユニットDASONI(다소니)が2月15日に1stデジタルシングル「Good Bye」、3月15日に2ndデジタルシングル「Stage Of The 70's」をリリースした。

2014年

8月28日に「위아래 (Up & Down)」を発売。発売当初はチャートの50位以内にも入らず、本来の活動期間よりも短く活動を終了してしまったが、YouTubeにファンが投稿したハニの映像がきっかけで人気に火が付き、11月28日にMnetチャートで1位を獲得、音楽番組での活動を再開する事態となった。2015年1月8日 のM!カウントダウンでデビュー後初の1位になり、1月9日のミュージックバンクでも1位を獲得した。この一連の流れから「チャート逆走アイドル」として爆発的に人気を集めていった。

2015年

4月14日、2ndミニアルバム『Ah Yeah』を発売。『Ah Yeah』でも勢いは止まらず、最終的に音楽番組で5回1位を獲得した。 11月17日、『Hot Pink』のMVを公開。12月11日にデジタルシングルとして発売された。 さらに、前年からの人気に伴いバラエティ出演も急激に増え、グループとしては7月9日から8月27日まで計8話放送されたMBC every1『ShowTime』や、メンバー個人でもハニはSBS『ランニングマン』など多数の番組に出演し、ソルジは2月18日に放送されたMBC『覆面歌王』で優勝し、歌手としての実力を発揮した。

2016年

2月27日ハニの一時的な活動休止を発表した。所属事務所のイェダンエンターテイメントは『2014年末の「UP&DOWN 」ブーム以来、多数のスケジュールをこなして走ってきたハニの健康のために、しばらく活動を休むことにした。』とコメントした。 3月3日正午にハニとソルジによる『Only One』のミュージックビデオが公開した。しかし、ステージ活動は行われなかった。 一方、活動を休止していたハニは、3月18日の中国でのファンミーティングで復帰、事務所からも15日に正式に発表された。 このようなアクシデントもあったが、5月31日に『L.I.E』のミュージックビデオが公開、6月1日には初のフルアルバムとなる『Street』が発売された。

Blankey Jet City

28 Jan 2017
423 times

BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)は、日本のロックバンド。1987年2月に結成。2000年に解散。略称はBJC、ブランキー。

メンバー
浅井健一(あさい けんいち〈愛称:ベンジー〉、愛知県出身、1964年12月29日 - )ボーカル、ギター
ほぼ全ての楽曲において作詞・作曲。
照井利幸(てるい としゆき、愛知県出身、1964年2月28日 - )ベース
中村達也(なかむら たつや、富山県出身、1965年1月4日 - )ドラム

来歴
1980年代
名古屋で浅井、照井がスキャッツというバンドで活動。その後浅井が上京し、友人である中村と活動を共にする。しばらくして中村が所属していたF.O.A.Dのツアーに運転手として雇われていた浅井が照井と名古屋で再会。それがきっかけで照井も上京。
1987年
2月 - 浅井、照井がバンドとして活動を開始する際に、中村が加わり「THE BLANKEY JET CITY」を結成。結成当初は他のドラマーがおり、中村はバンドのマネージャーをしていたが浅井、照井、中村の3人でセッションして手応えを感じたことからその後中村はドラマーとして正式にメンバーに加入。「ブランキー・ジェット・シティ」というバンド名はボーカルの浅井健一曰く「空虚な街」「不良たちが集まる架空の都市」、「ブランキー市長の都市(ジェットシティ)」ということである。
1990年
8月4日 - 中村達也が申し込み「イカ天」に出演。これが彼らのテレビ初出演となった。1週目に「CAT WAS DEAD」を演奏、COLLAGEを下し、25代目イカ天キングとなった。2週目には、「MOTHER」を演奏。この週は有機生命体を5-2で下し、イカ天キングを保持した。そして3週目は、「不良少年のうた」を演奏し、So What!に7-0で勝利。4週目は、「僕の心を取り戻すために」を演奏し、審査員に好評だったウェザーコックスに7-0で勝利。そして最後の5週目は、「狂った朝日」を演奏、CHICK BEに勝利、5週連続勝ち抜きを果たし、第6代グランドイカ天キングを獲得し東芝EMIと契約。
デビュー前に山本耀司のパリコレのモデルやウォークマンのCMに出演。
1991年
4月 - ロンドンでレコーディングされたデビューアルバム『Red Guitar And The Truth』を東芝EMIからリリース。このアルバムはオリコン初登場8位と好セールスを記録したが、プロデューサーであったJEREMY GREENとの意見が合わず、不満の残る仕上がりとなった。当初プロデュースはビル・プライスを予定していたが条件が合わず、プライスのアシスタントだったジェレミーが担当した。
6月 - 神宮プールで行われた「東京コレクション」に登場。デニス・ホッパーと同じステージに立つ。
1992年
1月 - 2ndアルバム『Bang!』をリリース。このアルバムから土屋昌巳がプロデュースを担当。「RAIN DOG」「SOON CRAZY」「ディズニーランドへ」など解散まで主要レパートリーとして取り上げる代表曲を多数収録し、オリコン初登場7位を記録する。
2月 - ミュージックステーション初出演を果たし、「とにかく全ての人たちに自分たちの曲を聴いて欲しい」というメッセージと共に「冬のセーター」を演奏した。ちなみに浅井はタモリと一言も会話を交わさなかった。この時制作されたバンドロゴのセットはその後のライブでも使用された。
9月 - ライヴアルバム『Live!!!』をリリース。同年5月4日の渋谷公会堂でのライブを収録。CDには収録されなかったがアンコールにてPUNKY BAD HIPの原曲となる「たちの悪い友達」を披露する。
11月 - 初期の代表曲「悪いひとたち」をシングルとしてリリース。歌詞に「麻薬」という言葉が入っているため東芝EMIからはリリースされず、バンド自身の事務所であった「東京ピストル」からリリースされた。後に3rdアルバム『C.B.Jim』に収録されたものとは別バージョンであり、ストリングスが後半部分にダビングされていない。
1993年
2月 - 3rdアルバム『C.B.Jim』をリリース。
12月 - ミニ・アルバム『Metal Moon』をリリース。
1994年
5月 - 4thアルバム『幸せの鐘が鳴り響き、僕はただ悲しいふりをする』をリリース。この頃にバンド名から「THE」が抜け、「BLANKEY JET CITY」と名乗るようになる。制作は土屋昌巳と当時ディレクターであった井ノ口弘彦の主導で行われ、それまでのBJCにはなかったジャズ的なフレーズやパターンが多用された。なお、デビューから3年間でアルバムを5枚リリースしているが、これは当時のスタッフの意向としてシングルの矢継ぎ早なリリースを避けたためである。
12月 - 初の日本武道館ライブを行う。
1995年
3月 - ベストアルバム『The Six』をリリース。これにはデビューアルバム『Red Guitar And The Truth』から新録された4曲(唯一、「不良少年のうた」は「Rude Boy」という曲名に変わっている)、更に「悪いひとたち」の完全バージョンが収録されている。このバージョンは『C.B.Jim』に収録されたバージョンの完全版である(ストリングスが導入され、「麻薬」という単語がカットされていない)。
6月 - イングランドにて初の海外ライヴを行う。結成当初より個性の強い3人が激しくぶつかり合う音楽性のため、解散の話は絶えず出てきたが、このロンドンツアーにて一度解散を決意。5thアルバム『Skunk』完成後、同年8月に行われる代々木公園でのライブを最後にする予定であった。
8月 - 代々木公園野外ステージにて「Are You Happy?」と題されたフリーライヴを敢行。13000人もの動員を記録した。この時のライブの出来がメンバー3人にとって会心の出来だったため、解散の予定が消滅する。
11月 - 5thアルバム『Skunk』をリリース。 前作のオーバープロデュースの反動から、途中からはほぼバンド自身のセルフプロデュースとなり、このアルバムを最後に、土屋昌巳のプロデュースからは離れることとなる。ロンドンでのレコーディング風景は「ARE YOU HAPPY?」に収録。
1996年
メンバーそれぞれがソロプロジェクトを始動させる。 浅井は「SHERBET(後にSHERBETSとなる)」、照井は「Joe Brown」、中村は「LOVE SHOP LOSALIOS(後にLOSALIOSとなる)」として活動。
1997年
初のセルフプロデュースとなる6thアルバム「Love Flash Fever」をポリドールよりリリース。
1998年
1月 - 東芝EMIに在籍していた時代の曲を集めたベストアルバム「国境線上の蟻~The Very Best of Blankey Jet City~」をリリース。
6月 - 7thアルバム「ロメオの心臓」をリリース。このアルバムは発売から1週間で30万枚以上のセールスを記録する。浅井と照井がレディオヘッド等のバンドに影響され打ち込みを導入したことが、それまでの鉄壁の3人の絆が崩れるきっかけになったのではとの見方もある。ヒットシングル「赤いタンバリン」は元々収録する予定はなかったが、レコード会社の意向により収録された。
1999年
再びソロ活動期間に入る。
2000年
沖縄、ロンドンの2箇所でレコーディングを開始。
5月10日 - 8thアルバム『Harlem Jets』完成。発売前の朝日新聞広告上において「最高のアルバムが出来たのでおれたちは解散します」と、突然の解散宣言。アルバムは自己最高となるオリコン初登場2位を記録。
7月5日 - ラストシングル 「Saturday Night」をリリース。
7月8日・9日 - 横浜アリーナにてバンドのラストライヴ「Last Dance」を敢行。
7月28日 - フジ・ロック・フェスティバルのグリーンステージにてメインアクトを務め、これが実質最後のライヴとなった。
9月 - ラストライヴの模様を収録したCD、LP、VHS、DVD(いずれも題名は「Last Dance」)をリリース。
10月 - バンドの全曲から選出され、前期と後期に分けてそれぞれ収録したベスト盤『Blankey Jet City 1991-1995』、『Blankey Jet City 1997-2000』をリリースした。
2003年
HMVによるTop 100 Japanese pops ArtistsのNo.73に選ばれる。
2008年
過去のアルバム作品をSHM-CD&紙ジャケット仕様で再発。未発表曲・未音源化楽曲をまとめたアルバムのリリースが発表された。
2012年
ラストツアーへ密着した映像に再編集を施した劇場版『VANISHING POINT』の公開を発表。
2013年
1月26日、全国期間限定で『VANISHING POINT』公開。1月30日、DVD、Blu-ray『VANISHING POINT』リリース。『VANISHING POINT』公開を記念して、解散までに発表してきたシングル曲をコンプリートした『COMPLETE SINGLE COLLECTION 「SINGLES」』を3月27日に発売予定。それと同時に、"BJCキャンペーン"と題し、過去のアルバム作品をSHM-CDにて、過去のDVD作品を廉価版にて再発。

LAMP EYE

21 Jan 2017
320 times

KAMINARI-KAZOKU.(カミナリカゾク)は、日本のヒップホップユニット。YOU THE ROCK★主催のイベント「BLACK MONDAY」の出演者を中心に雷(カミナリ)名義で1997年に結成し、2003年にKAMINARI-KAZOKU.に改名。

1995年に「証言」を発表したLAMP EYEは前身グループにあたる。漢字表記は、雷家族。

矢沢永吉

21 Jan 2017
346 times

矢沢 永吉(やざわ えいきち、1949年9月14日 - )は、広島県広島市南区仁保出身のロックミュージシャン。身長180cm、血液型はB型。

愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークの"E.YAZAWA"は商標登録されており(第1601017号ほか)®が表示されている。
ファンが熱狂的であることで知られている。2006年には、NHKスペシャルにて矢沢本人ではなくファンにスポットを当てた番組が放映された。
ほぼ全曲にわたる作曲、及び数曲における作詞を手掛ける。クールス「紫のハイウェイ」など他のアーティストには「五大洋光」名義で楽曲を提供したこともある。
1975年のソロデビュー以降、特にテレビ媒体に露出することは少なかった。1978年、資生堂のCMソングに採用された「時間よ止まれ」が大ヒットした際も『ザ・ベストテン』を始め、当時の音楽番組にはほとんど出演せず。ラジオは1970年代に何度か出ている。このため1980年2月10日に当時テレビに出ないと言われており、NHK教育の『若い広場』に出演した際は大きな反響を呼んだ。同じ1980年に自身がCMソングを手掛けた「THIS IS A SONG FOR COCA-COLA」のCMには出演し、曲もヒットしたが、この時も音楽番組には出演しなかった。ただ、CMソングは1976年9月のSONYラジカセ「リズムカプセル9000」から多数手掛けている。近年のようにテレビ媒体に露出が増えたのは1992年に新発売されたサントリー缶コーヒー「BOSS」のCMに起用されてからである。1980年代もテレビに出演することの少なかったが、ロックのカリスマのイメージを覆す冴えないサラリーマンを演じて世間を驚かせた。1994年には『アリよさらば』でテレビドラマの主役を演じその後、ドラマ数本と映画に出演している。
活字メディアにもキャロル時代からしばしば登場した。『週刊プレイボーイ』は、キャロル時代から矢沢を応援しており、誌面への登場はミュージシャンでトップの32回に及ぶ。アルバム『Last Song』が発売された2012年夏には、多くの雑誌で表紙を飾った。
多くのアルバムをセルフ・プロデュースし、コンサートの興行や演出なども自身の会社が行い、自らがそれら全てを取り仕切る。
1960年代から活動してきたロック・アーティストで、今日まで第一線で活躍してきたアーティストは矢沢以外いないといわれている。
自らの奇想天外な人生を基に、数多くの名言を残している。
声以上の楽器はないと話しておりレコーディングの際には、ほとんど1テイクで完成することが多い。
2012年現在、楽曲数約400曲・ライブ総数約1800本・総動員数約600万人を超える。
オリコンアルバムランキングベスト10入り最多記録(51作)を保持。
オリコンDVDミュージック部門で最年長首位記録更新、60歳代での首位獲得は男女・洋楽邦楽含め史上初であった。
1970年代から1990年代までの3つの西暦10年代連続で、スタジオ・アルバム首位を獲得した男性ソロアーティストである。
1977年8月26日、日本人ソロ・ロックアーティストとして初めて日本武道館でコンサートを行う。以降2016年まで武道館最多公演記録137回と更新中。日本武道館を"ロックの殿堂"に押し上げる。
1978年、1980年、1982年で長者番付歌手部門第1位。
オリコンアルバムランキング最年長首位(63歳8ヶ月)を記録。
ソロ歌手史上初のインディーズ作品によるオリコンアルバムランキング首位を獲得。
1978年、資生堂のCMソングとしてヒットした「時間よ止まれ」が、2014年再び同社のCM曲として復活した。
ホットドッグプレスの1982年5月号の独占インタビューにおいて「日本のミュージシャンはストーンズを観るべき。だが横浜銀蠅のようなガキは観てもダメ。坂本龍一とかは観たほうがいい」と辛口なコメントをしている。同時に紅白歌合戦を「年越しそば歌合戦」と皮肉を込めて述べた。
2011年、ジョニー大倉への嫉妬心から、キャロル時代の映像が収録されている1973年の映画「番格ロック」のDVD発売を阻止したため、多方面から批判を受けている。
2015年12月2日にリリースしたライブDVD『ROCK IN DOME』が、同年12月14日付のオリコン週間DVDランキングにおいて総合1位(初登場)を獲得した(Blu-rayの売上枚数と合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも1位を獲得)。また、前作『TREASURE BOX』で自ら樹立した“DVD首位獲得最年長記録”(2014年5月当時64歳8ヶ月)を66歳3ヶ月に自ら塗り替えた。

長渕剛

21 Jan 2017
336 times

長渕 剛(ながぶち つよし、1956年9月7日 - )は、日本のシンガーソングライター・俳優・詩人・画家。本名は同じ。デビュー時の芸名は名の読みが(ごう)。Office REN(オフィス・レン)所属。妻は志穂美悦子。長女は文音。長男はWA航RU。次男は長渕蓮。
鹿児島県日置市生まれ、鹿児島市育ち。鹿児島市立中郡小学校、鹿児島市立甲南中学校、鹿児島県立鹿児島南高等学校情報処理科を経て、九州産業大学芸術学部中退。

1977年、シングル『雨の嵐山』で歌手としてデビュー(※一般的には再デビューの1978年『巡恋歌』を本格デビューとしている)、多数のヒット曲を持ち、『親子ゲーム』、『とんぼ』、『しゃぼん玉』などのドラマや映画に出演。
現在までに、ソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品、トータル売り上げ2000万枚を突破し、日本を代表するシンガーソングライターの一人である。

PSY

21 Jan 2017
364 times

PSY(サイ、1977年12月31日 - )は、大韓民国の歌手、ダンサー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサーである。本名はパク・チェサン(박재상,朴 載相)。

韓国ソウル特別市江南区の出身。祖父のパク・キオクは、半導体検査機器製造会社の「DI(ディアイ)」を創業し、父のパク・ウォンホは、DI社の大株主・代表理事である。

地元のバンポ小学校、バンポ中学校、セファ高校で学び、1996年にアメリカのボストン大学に入学し、経営学を専攻。その後バークリー音楽大学に編入して音楽を学んだと言われているが、卒業したという記録はない。2001年1月、デビューアルバムを発表。同年11月15日大麻問題で警察に検挙され活動を自粛する。2003年から2005年までの徴兵期間、ソフトウェア開発会社に勤務し、兵役を逃れた。2007年3月、韓国観光広報大使として確実な復帰を果たしたが、2007年5月に、兵役に代わる産業機能要員としての勤務が問題となり、同年12月、兵務庁から入隊通知を受けて、現役として再入隊する。私生活では2006年に結婚、2007年に双子の娘が誕生。

PSYは、デビュー当時から原則として自身で作詞・作曲を手がけてきたが、2006年ごろからは、作曲家のユ・ゴニョン(1996~99年に活動していたヒップホップデュオ『Untitle』の元メンバー)と一緒に楽曲を共作することが多くなり、『芸能人』(2006年)、『Right Now』(2010年)などの楽曲が生み出された。
同じくユ・ゴニョンとの共作で作られた、2012年7月にリリースしたアルバム『PSY6甲』のタイトル曲『江南スタイル』は、欧米諸国を中心に世界的大ヒットを記録し、PSYは一躍、韓国を代表するスターとなった。同曲のPVは、YouTubeで最も閲覧された動画のひとつであり、2016年3月17日の時点で、再生回数は24億回を突破した。

アメリカのビルボードチャートHot 100では最高2位を獲得し、イギリス 、オーストラリア 、オーストリア 、オランダ 、カナダ、ベルギー 、ドイツ 、デンマーク 、フィンランド 、ホンジュラス、ポルトガル、ニュージーランド、ノルウェー、ルクセンブルクの計14ヶ国では、公式チャートで最高1位を獲得した。本人はこれについて「あれはもう事故のようなものなので、そうそう起こることではありません。あんな事故がしょっちゅう起こっていたら人類は滅びてしまいます」と語っている。しかし日本では、『江南スタイル』の世界的ヒットが各マスコミでも取り上げられたが、セールス的には振わなかった。

2013年4月に江南スタイル以来約9カ月ぶりとなる楽曲「ジェントルマン」のミュージックビデオ(MV)をYouTube上に公開し、公式動画の再生回数の増加ペースは1時間で100万アクセス以上となり、わずか1日で2000万アクセス以上に達した。その後、24時間で3840万件という最多再生回数を記録したことによりギネスに登録された。 2016年には、『ダイスの神』とコラボし、彼をモデルにした「ダディPSY」が登場した。

Alicia Keys

31 Dec 2016
466 times

アリシア・キーズ(英: Alicia Keys、本名:Alicia J. Augello-Cook、1981年1月25日 - )は、アメリカ合衆国の女性歌手、女優。世界中でのアルバムの累計セールスは、3,000万枚以上。

Ne-Yo

31 Dec 2016
449 times

ニーヨ(Ne-Yo 本名:Shaffer Chimere Smith 1979年10月18日 - )はアメリカ合衆国アーカンソー州出身のR&Bシンガーソングライター、音楽プロデューサー。アフリカ系アメリカ人だが、彼の母方の祖父が中国系アメリカ人。身長173cm。

Nelly

31 Dec 2016
429 times

ネリー(Nelly、本名:コーネル・ハインズ・ジュニア、Cornell Haynes Jr.、1974年11月2日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身、ミズーリ州セントルイス育ちのヒップホップMC、ヒップホップ・ミュージシャン、俳優。

Rihanna

31 Dec 2016
5134 times

リアーナ(Rihanna, 本名:Robyn Rihanna Fenty, 1988年2月20日 - )は、バルバドス出身の女性シンガーソングライター、モデルである。身長173cm。 Def Jam Recordings所属。セント・マイケルで生まれて、音楽プロデューサーのエヴァン・ロジャースの案内により、16歳でアメリカ合衆国に移った。最初、レーベルヘッドのジェイ・Zのオーディションを受けて、デフ・ジャムと契約した。

2005年にリアーナはデビュー・スタジオアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』を発表した。アルバムはBillboard 200で最高10位を記録し、ヒットシングル「ポン・デ・リプレイ」を生み出した。デビュー・アルバム発表から1年も経たないうちに2枚目のスタジオアルバム『ガール・ライク・ミー』を発表。アルバムはビルボード・アルバム・チャートで最高5位を記録、最初の全米首位獲得シングル「SOS」、Hot100で最高10位を記録した「アンフェイスフル」「ブレイク・イット・オフ」を生み出した。3枚目のスタジオ・アルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』(2007年)は、Billboard 200で最高2位を記録、「アンブレラ」「テイク・ア・バウ」「ディスタービア」という3つの全米首位獲得シングルと世界的なヒットシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を生み出した。アルバムはグラミー賞で9部門にノミネートし、「アンブレラ」が最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。

リアーナは4年間の音楽活動で世界で1200万枚のアルバムを売り、いくつかの称賛を授与された。5つのHot100.1位獲得シングルを持ち、2000年代以内で最も多くの1位を獲得した2人目の女性アーティストになった。バルバドスの名誉文化大使を勤めている。

NewsLine is a full functional magazine news for Entertainment, Sports, Food website. Here you can get the latest news from the whole world quickly.