Bluff No. 18 House 2018 | ブラフ18番館 | 布拉夫18号馆 Featured

10 Sep 2018
107 times

 

Bluff No. 18 is a registered historical building of Yokohama. It was originally built at 45 Yamate Town as a residence for foreigners after the Great Kanto Earthquake. It became the property of the Roman Catholic Church Diocese of Yokohama after World War II, and was used as the parish house of the Yamate Catholic Church until 1991. Located within the Yamate Italian Garden.

大正末期に建てられた外国人住宅で、1991年までカトリック山手教会の司祭館として使用されていました。
建物は木造2階建てです。1、2階とも中廊下型の平面構成で、フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニーとサンルームなど、震災前の外国人住宅の特徴を残しながら、外壁は震災の経験を生かし、防災を考慮したモルタル吹き付け仕上げとなっています。
1993年にイタリア山庭園内に移築復元。館内は震災復元期の外国人住宅の暮らしを再現。ベイウィンドウ・上げ下げ窓・鎧戸・サンルームなど、当時の外国人住宅の特徴が見られます。

位于山手意大利庭院内的洋房。1991年之前,曾是山手天主教会的祭司馆。

Rate this item
(0 votes)
Super User

Curabitur ultrices commodo magna, ac semper risus molestie vestibulum. Aenean commodo nibh non dui adipiscing rhoncus.

Website: www.themewinter.com

Leave a comment

Make sure you enter all the required information, indicated by an asterisk (*). HTML code is not allowed.