『黄金町バザール』は、横浜市中区黄金町エリアでアートによるまちの再生に取組む、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが主催するアートフェスティバルです。「街」という日常の空間を舞台に、2008年より毎年秋に開催し、国内外のアーティスト、キュレーター、建築家を招聘してきました。『黄金町バザール』の開催をきっかけに、若手クリエイターの実験の場として街を開放し、地域コミュニティに新たな可能性が生み出されることを目指しています。

Koganecho Bazaar is an art festival hosted by the Koganecho Management Center, an NPO that uses art to revitalize the Yokohama City Naka Ward Koganecho urban area. With the city's everyday spaces as a stage, the festival has been held every autumn since 2008, and to present organizers have invited a total of 90 groups of artists, curators, and architects from Japan and abroad. With an organization plan that considers creation to presentation as a consecutive process, the festival examines current issues raised by contemporary art.

Formally the Customs Inspection House for Yokohama Bay's shipping activities in the early 1920's, these handsome red brick buildings have been converted into one of Yokohama's most popular family or date spots. Inside the building there are many unique shops and restaurants. Outside, throughout the year, numerous events take place. October Beer Fest in autumn, a skating rink in winter, and concerts during the summer. Situated right on the bay, the views are beautiful.

YOKOHAMA RED BRICK WAREHOUSE 1st Building

The 3rd floor houses a hall with approximately 300 seats used for theater performances and concerts. It can be used as a party space as well. The 2nd floor is a multi-purpose space used for gallery and other events. The 1st floor has 5 shops including “Akarenga (brick) Depot” that sells brick goods, “Yokohama Glass” where you can experience glass craft making, “S. SHOBEY&Masuda Gama” that sells silk products and Yokohama Yaki pottery and “Camera wa Suzuki”. Every winter, a skating rink decorated with illumination opens in the Akarenga Hiroba, attracting many people.

YOKOHAMA RED BRICK WAREHOUSE 2nd Building

Houses approximately 40 shops each having unique concepts. You can feel close to the ocean from the open cafes, restaurants, food court ("Picnic Court") and variety goods shop on the 1st floor. The 2nd floor has many characteristic interior, jewelry and variety goods shops. More restaurants, cafes and bars can be found on the 3rd floor. The cafe "Chano-ma" themed on "21st century tea room", and "bills" famous for "the best breakfast in the world" are especially popular.


横浜赤レンガ倉庫は、明治/大正の煉瓦造建築が人気の横浜を代表する観光スポット。明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物です。1号館のホールと多目的スペースでは、演劇やコンサート、ダンスなどの公演が1年を通じて開催されています。2号館には、ライブ・レストランとビアレストランの他、飲食・物販店が50軒以上。 イベント広場では、「横浜オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」、屋外アイススケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」など、さまざまなイベントが季節ごとに催されています。まわりには木々を配した公園が広がり、のんびり安らぐにもおすすめです。また、夜になると赤レンガ倉庫がオレンジ色にライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気になります。横浜ベイブリッジや横浜港大さん橋 国際客船ターミナルといった港の夜景がご覧いただけるほか、横浜ランドマークタワーや観覧車「コスモクロック21」など、みなとみらいの夜景もお楽しみいただけます。

红砖屋仓库为明治、大正时代的砖造建筑,沿袭其受人青睐的外观不变,内部景观却焕然一新。1号馆有大厅、多功能场地;2号馆有音乐伴奏餐厅和啤酒餐厅,另外还有30家以上的餐馆和商店。周围是大片绿树成荫的公园,是休闲的好去处。

Formally the Customs Inspection House for Yokohama Bay's shipping activities in the early 1920's, these handsome red brick buildings have been converted into one of Yokohama's most popular family or date spots. Inside the building there are many unique shops and restaurants. Outside, throughout the year, numerous events take place. October Beer Fest in autumn, a skating rink in winter, and concerts during the summer. Situated right on the bay, the views are beautiful.

YOKOHAMA RED BRICK WAREHOUSE 1st Building

The 3rd floor houses a hall with approximately 300 seats used for theater performances and concerts. It can be used as a party space as well. The 2nd floor is a multi-purpose space used for gallery and other events. The 1st floor has 5 shops including “Akarenga (brick) Depot” that sells brick goods, “Yokohama Glass” where you can experience glass craft making, “S. SHOBEY&Masuda Gama” that sells silk products and Yokohama Yaki pottery and “Camera wa Suzuki”. Every winter, a skating rink decorated with illumination opens in the Akarenga Hiroba, attracting many people.

YOKOHAMA RED BRICK WAREHOUSE 2nd Building

Houses approximately 40 shops each having unique concepts. You can feel close to the ocean from the open cafes, restaurants, food court ("Picnic Court") and variety goods shop on the 1st floor. The 2nd floor has many characteristic interior, jewelry and variety goods shops. More restaurants, cafes and bars can be found on the 3rd floor. The cafe "Chano-ma" themed on "21st century tea room", and "bills" famous for "the best breakfast in the world" are especially popular.


横浜赤レンガ倉庫は、明治/大正の煉瓦造建築が人気の横浜を代表する観光スポット。明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物です。1号館のホールと多目的スペースでは、演劇やコンサート、ダンスなどの公演が1年を通じて開催されています。2号館には、ライブ・レストランとビアレストランの他、飲食・物販店が50軒以上。 イベント広場では、「横浜オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」、屋外アイススケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」など、さまざまなイベントが季節ごとに催されています。まわりには木々を配した公園が広がり、のんびり安らぐにもおすすめです。また、夜になると赤レンガ倉庫がオレンジ色にライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気になります。横浜ベイブリッジや横浜港大さん橋 国際客船ターミナルといった港の夜景がご覧いただけるほか、横浜ランドマークタワーや観覧車「コスモクロック21」など、みなとみらいの夜景もお楽しみいただけます。

红砖屋仓库为明治、大正时代的砖造建筑,沿袭其受人青睐的外观不变,内部景观却焕然一新。1号馆有大厅、多功能场地;2号馆有音乐伴奏餐厅和啤酒餐厅,另外还有30家以上的餐馆和商店。周围是大片绿树成荫的公园,是休闲的好去处。

The largest convention center complex located at the Minatomirai 21 area waterfront, consisting of the Conference Center, the Exhibition Hall, a hotel and the National Convention Center of Yokohama. The buildings modeled after a yacht sail and a shell are impressive from both the sea and land sides.

会議センター、展示ホール、ホテルと国立大ホールから構成されている世界最大級の複合コンベンションセンター。 石造りの円形空間「プラザ」では野外イベントも開催される。ヨットの帆や貝をモチーフにした美しい外観は、海、陸どちらから見ても印象的です。

由会议中心、展览厅、宾馆和国立大展厅构成的世界最大的综合性活动中心之一,在石造的圆型空间「广场」上可以举行野外活动,那以帆船和贝壳为意境的美丽外观,从海上或陆地眺望都会给人留下深刻印象。

The largest convention center complex located at the Minatomirai 21 area waterfront, consisting of the Conference Center, the Exhibition Hall, a hotel and the National Convention Center of Yokohama. The buildings modeled after a yacht sail and a shell are impressive from both the sea and land sides.

会議センター、展示ホール、ホテルと国立大ホールから構成されている世界最大級の複合コンベンションセンター。 石造りの円形空間「プラザ」では野外イベントも開催される。ヨットの帆や貝をモチーフにした美しい外観は、海、陸どちらから見ても印象的です。

由会议中心、展览厅、宾馆和国立大展厅构成的世界最大的综合性活动中心之一,在石造的圆型空间「广场」上可以举行野外活动,那以帆船和贝壳为意境的美丽外观,从海上或陆地眺望都会给人留下深刻印象。

The largest convention center complex located at the Minatomirai 21 area waterfront, consisting of the Conference Center, the Exhibition Hall, a hotel and the National Convention Center of Yokohama. The buildings modeled after a yacht sail and a shell are impressive from both the sea and land sides.

会議センター、展示ホール、ホテルと国立大ホールから構成されている世界最大級の複合コンベンションセンター。 石造りの円形空間「プラザ」では野外イベントも開催される。ヨットの帆や貝をモチーフにした美しい外観は、海、陸どちらから見ても印象的です。

由会议中心、展览厅、宾馆和国立大展厅构成的世界最大的综合性活动中心之一,在石造的圆型空间「广场」上可以举行野外活动,那以帆船和贝壳为意境的美丽外观,从海上或陆地眺望都会给人留下深刻印象。

There's going to be another Pikachu Outbreak this year in the Yokohama Minato Mirai area!
There are even rumors of a first-ever Eevee Outbreak!
Have a blast with over 1,500 Pikachus!

今年も横浜みなとみらいエリアで、
ピカチュウたちが大量発生!
今回初めてイーブイたちも
大量発生するらしい!?
1500匹以上のピカチュウたちと
いっしょに、楽しんじゃおう!

There's going to be another Pikachu Outbreak this year in the Yokohama Minato Mirai area! 

There are even rumors of a first-ever Eevee Outbreak!
Have a blast with over 1,500 Pikachus!

 2018年も神奈川県・横浜みなとみらいエリアにピカチュウたちが大量発生チュウ! 今年の夏は例年にも増して気温が高い。イベントの雰囲気もすこしいつもと異なる様子。昨年まではどちらかというと昼間がメインのイベント構成だったが、今年は陽が落ちて涼しくなる遅い時間からでも楽しめる印象だ。

 とくに今年初めて開催される“Pokemon Synchronicity”は1日1回夜20時からの開催。光を駆使した演出を取り入れた、夜ならではの“海を使ったプレゼンテーション”が行われる。

 また、ピカチュウたちがリズムに合わせてかわいく移動する“ピカチュウの大行進”に加えて、今年はイーブイたちが登場する“イーブイの大行進”も行われる。“ピカチュウの大行進”は昼と夜の2部構成となっており、それぞれ違ったパフォーマンスを披露してくれる。そのほか、“ずぶぬれスプラッシュショー”や“ピカチュウたちの船上グリーティング!”などの人気イベントも、昨年よりもさらにパワーアップして帰ってくる!

 本稿では、そんなイベント1日目の様子を写真&動画とともにご紹介していく。アツい盛り上がりだけでなく、納涼イベントとしての“ピカチュウ大量発生チュウ!”の雰囲気も感じてもらえれば幸いだ。

夜のピカチュウはかわいいだけじゃない!? “ピカチュウの大行進”昼の部&夜の部リポート
 軽快な笛のリズムに合わせて、ピカチュウたちが足並みをそろえて歩いてくる。ピカチュウたちが通る道は、そのかわいらしい姿をひとめ見ようと集まったピカチュウファンたちによってびっしりと固められていた。


 そんなファンたちに“つぶらひとみ”を見せながら、ピカチュウたちは笛のリズムに合わせてトコトコと歩いてくる。


 そのあまりのかわいさに、ファンたちはすっかり“メロメロ”状態に。ピカチュウたちが目の前を通り過ぎると、その後ろを自然と追いかけ始める。そして“ピカチュウの大行進”の後ろにできあがる“ピカチュウファンたちの大行進”。いまさら言うまでもないが、ピカチュウは後ろ姿もまたかわいい……。

 ピカチュウたちは一定の位置まで進んだ後、今度は来た道をUターンして戻っていく。ピカチュウたちを前後左右すべての方向から堪能しつくせる粋な計らい! 


 さて、ここからは夜の部の様子をお届け。昼の部とは装いも雰囲気もガラッと変わる。イベント内容もかわいく行進するだけでは終わらず、なんとカッコイイダンスパフォーマンスを披露してくれた。

 夜の部ということで(まだ明るいが!)ピカチュウたちは電飾のついた衣装をまとっており、踊りながら赤、緑、青などさまざまな色の輝きを見せてくれる。


 まわりで踊るダンサーたちとも手をタッチしたりアイコンタクトを取ったりとチームワークを発揮。人とポケモンが一体になったパフォーマンスを見せてくれた。


 昼と夜ではかなり雰囲気の異なる“ピカチュウの大行進”。ぜひ、どちらも体験してみてほしい。

海上ならではのパフォーマンス!“ピカチュウたちの船上グリーディング!”
 みなとみらい内港で行われる“ピカチュウたちの船上グリーディング!”では、ピカチュウたちが船に乗って海上へ。
 ピカチュウラッピングの水陸両用バスも特別なデコレーションを施されて登場! ピカチュウの耳と尻尾を付けたピカチュウラッピングバスが大量のピカチュウたちを乗せて海上を遊泳するという、まさにピカチュウ尽くしのプログラム。

 地上ではダンサーたちによるパフォーマンスも披露された。そんな本プログラムのクライマックスは、水圧で空を飛ぶ“フライボード”を使ったパフォーマンスだ。ふたりのパフォーマーが水面から一気に大量の水を放出しながら空中へと舞い上がり、そのままバックに流れる曲に合わせて空中でダンスを披露。

The first seaside park in Japan located right in front of Yokohama Port, stretching almost 700 meters from the east side of Osanbashi to Yamashita Pier. It was opened in 1930 by land filling with the rubbles from the Great Kanto Earthquake.

The park includes a grass field, a rose garden, the "Little Girl With Red Shoes On" statue, the "Guardian of Water" statue which is a gift from San Diego, a sister city of Yokohama, and the "Kamome no Suihei-san (Seagull Sailor)" song monument, water stairs and a stage. The former cargo and passenger ship Hikawamaru is anchored here.